メニュー

調査方法の特徴

工事現場

調査方法の選び方

建物を建てたり構造物を設置する場合には地盤の強度を確認することが重要になります。地震の多い日本においては、どんなにしっかりした建物や構造物であっても、地盤が弱ければひとたまりもありません。地盤調査の方法には様々なものがありますので、それぞれの特徴を理解したうえで地盤調査の方法を選ぶことが重要です。その際にも、専門業者に依頼することが大切です。住宅建築において最も一般的な地盤調査の方法は、スウェーデン式サウンディング試験です。この方法では簡単に低価格で地盤の強度を確認することができます。ドリルを地中に挿し込んで負荷をかけていく方法ですので、たまたまドリルの先に礫があった場合には岩盤と間違えてしまうというリスクがあります。ただ、その地域の地盤がある程度わかっていればこの方法でも十分に地盤調査を行うことができます。また、擁壁やプレハブなどの建物の場合には平板載荷試験を行う場合があります。この方法は地盤に直接負荷をかけて沈下量などを確認できるというメリットがあります。実際の沈下量を調査する方法は平板載荷試験しかありません。ただ、面に荷重をかけていくので、それほど深いところの地盤までは確認することができません。費用と時間をかけることができるならボーリング試験が可能です。マンションなど重量の重いものを建築する場合には、地中の試料を採取して十分な強度が期待できるかをチェックするボーリング調査が必要です。

Copyright© 2018 地盤調査の申し込み【プロにすぐ相談ができる】 All Rights Reserved.