メニュー

事前に調査をするメリット

工事現場

信用度があがります

地盤調査は建物の基礎を決めるために行う調査で、結果によっては建物を建てるのに適さない場合もあります。土地の売却を考えている人は、あらかじめ地盤調査をしておくことによって土地を高値で売却できるメリットがあります。建物を新たに建てる時には、地盤調査を行わなければならないと法律で決まっていますが、土地を売却するときには必ずしも地盤調査をする必要はありません。しかも、地盤調査にかかる費用は売主が負担しなければならないため、メリットはないと考える人がいるかもしれません。それでも費用をかけて地盤調査をした方が良いメリットは、売却を考えている土地の情報をより多く提示できることによって信頼度があがり、周辺地区の同じような地盤調査がされていない土地と比べると契約が決まりやすいメリットがあります。地盤調査の結果が良好だった場合には、地盤改良をしなくても良いことがわかっているため、もともと地盤改良をするつもりでいた買主に対してより高値で売却できる確率が高まります。地盤が軟弱とされた場合でも、後々のトラブルを避けることもでき、正直さが示されていることから信用が高まりスムーズな取引に繋がります。土地の売却価格に比べるとはるかに低額のわずか数万円の地盤調査費を負担するだけで、契約が決まりやすくなり、売却価格が高くなる可能性もあり、信用も高まるため、土地の売却を考えている人は積極的に地盤調査をするように心がけて下さい。

Copyright© 2018 地盤調査の申し込み【プロにすぐ相談ができる】 All Rights Reserved.