地盤調査

建てる前にすべきこと

建物の耐震強度は念頭にあっても、地盤の強度を意識している人は少数派になります。表面上だけでなく地中の構造を把握する調査なので、確かな知識と技術を持っている専門業者に依頼する必要があり費用もかかります。しかし後々のことを考えたら、建物を建てる前に地盤調査は絶対すべきことの一つです。

メニュー

地盤調査

調査する意義

地盤調査は、土地が設計された家に耐えれるかを調査する事です。調査会社は多数ありますが、業者によって調査の質や土地改良方法などバラツキがあります。そのため、信用できる会社選びのためにまずは業者に相談してみると良いでしょう。

工事現場

調査方法の特徴

地盤調査の方法にはスウェーデン式サウンディング試験、平板載荷試験、ボーリング試験などがあります。それぞれの方法には、費用や期間、精度などに違いがありますので、実際に設置する建物や構造物、その重量、地域などを考慮して調査方法を選ぶ必要があります。

重機

専門会社に依頼する

地盤調査をしてもらう業者は地盤改良業者には頼まず、地盤調査を専門に行っている業者を利用するようにしてください。地盤調査には豊富な経験と微細な感覚が必要なので、経験豊富な業者や技術者に実施してもらうようにしてください。

工事現場

事前に調査をするメリット

土地を売却するときには、売主の費用負担になりますが、地盤調査をしておいた方が様々なメリットがあります。前もって地盤調査を行うメリットとは、より高値で売れたり、信用度があがるために売買契約が結ばれやすくなるといったことです。

地盤について注意すべき点

工事現場

地震と土砂崩れも考えて

大規模な建物の建築を行う前には十分なボーリング調査によって地盤調査を進めておかなければなりません。建築が始まってからやり直すことはできませんが、地質が柔かい土地の上に建物を建てることはとても危険です。建物を建てるのにかかる費用を考えればやり直しがきかない作業なだけに、慎重に事を運ぶ必要があります。土地を取得してしまってから地盤が緩いことが分かったのであれば悔しいことでしょうが、建てる建物の規模を小さくしたり、別の使い方をすることを検討するなどして、地盤調査の結果を活かしましょう。また、地震の起こりやすさは、ある程度予測できます。国内の主要な地震の原因となるプレートは何十年か何百年か、ある程度の決まった周期で地震を起こすことが明らかになっており、100年おきに地震を発生させるプレートが80年間地震を起こしていないのであれば、あと20年の間に地震が起きる可能性が高いと読むことができますので、その付近で土地を取得するときは地震の可能性を十分に考慮し、地盤調査も土地の取得前にしておくべきかもしれません。逆に、地盤調査の結果が悪くても、地震が起きる見込みがさほどないような地域であれば、その上に建築物を建てることの危険性も低いと言えるでしょう。ただし、地震がなくとも、土地が山手の方にある場合は、大雨による土砂災害の危険もありますので、地盤調査は地震だけでなく大雨による土砂崩れの危険性のためにも考慮する必要があります。

Copyright© 2018 地盤調査の申し込み【プロにすぐ相談ができる】 All Rights Reserved.